読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大好きな人がだいぶいる方のDDですみません。

クソDDが独断と偏見のみで好きなものを好きなだけ綴り時には備忘録的なこともしてしまう自己満ブログ

滝沢歌舞伎2017🌸

北◯鮮の建国記念日である25日、ミサイルに恐れながら東京に上陸した。夜公演は自チケでなおかつ良席だったため絶対になんとしてでも入りたかったので毎日北西の方に向かって祈りを捧げていた。その甲斐あってか、無事昼公演、夜公演ともに観劇して感激することができた。ありがとう感謝合掌。

半年ぶりの東京であったが、安定に東京はトイレが少ない。東京の人は膀胱がないのか?と疑ってしまうほど改札の中にしかトイレがない。
余談は置いといて、昼公演は12時半開場と書かれていたのでまさか12時に演舞場自体が開いているとはつゆ知らず(単純に記憶障害)。12時過ぎに築地市場につき、演舞場に向かうともうグッズの列も弁当の列もできていた驚き。去年は私の目の前で弁当が売り切れるという苦い思い出があるのでグッズよりも先に弁当に並び、弁当を買い、パンフレットを買った。
視野狭い系ヲタクなのでパンフのみを買うためにステフォの列にわざわざ並んだよ。筋書き売り場ってパンフのことだったんだね!!
金欠のためグッズはパンフしか買わないと心に誓い、誓いの通りパンフのみを買った。ステフォの列に並んでいるときに25日がステフォの第二弾発売日だと知ったが、私には関係ない。だってパンフのみを買うと誓いを捧げたのだから。

昼公演は二階の右1扉、つまり最上手の席に入った。平成も29年とは思えないほどの画質の荒いモニターを横目に、意外と見やすいやーんと思いながら順調に見ていた。いにしえでタッキーが来ることを楽しみにしていたので本当に来た時は泣いた。すぐ涙腺緩む。タッキー神々しすぎた。情緒は不安定であったが、本当に思っていたよりも見やすかった。が太鼓で事件発生。照くんは立ち太鼓の際上手だったため全然見えなかったのである。首の角度を変えれば手すりの間から見ることができたが、どっちにしても体が顔どちらかしか見ることができなかった。汚点。また、安定のクソヲタクなので予習を全くしておらず、二幕の鼠の立ち回りシーンで照くんが講談をするなんてつゆ知らず。まず声だけが聞こえ、「声がめっちゃひーくんっぽいけどあの子こんなに天才的におしゃべりできるっけ????いや、でも声がひーくん、いやでも、、、」と永遠にループし、8割ひーくんだと確信した時『申し遅れました、私岩本照でございます。』と申されたので10割の確信に変わった。まーーーったく姿が見えなかった。そこで私にとって「予習をしない=愚行」という等式が成り立った。
いにしえではタッキーとすのの6人になるところでうつ伏せになり立ち上がったあと手に持った桜をフッと吹いて散らすひーくんがひーくんであった。あのこはそういうことをする子である。もちろん夜公演でもやっていた。しっかりと見ていたがどうやら菊池風磨の吹き矢芸と同じ要領でフッと桜を吹いているようだ。素敵。

彼は王道の王子様がよく言う「好きだよ」や「愛してるよ」は言わない。言いたくなくて言わないのではなく、自然に生きていたらそーいや言ってないな、というテンションである。

岩本照くんがリア恋枠なのは何故か。 - 大好きな人がだいぶいる方のDDですみません。
そう、ひーくんは直接的には伝えてこないがそういう桜を散らしたり急に菩薩スマイルをしたりと間接的であるが心には直接語りかけてくるのである。困る。
タッキーと健くんの新曲、蒼き日々で円盤が回りひとりひとりにスポットライトが当たりソロダンスをする、というところがあるのだが ひーくんは自分のソロパートが終わったあとニヤッとしていた。そう、それも妖しげに。また心に直接語りかけてきやがった。


存在が変態なひーちゃん。いやもうなんか適した語彙が私の中になさすぎて存在が変態ってなったけど誰か適した単語を教えてくれませんか??あのひーちゃんが脳裏に焼き付いて離れない一種のトラウマ的な。存在が変態すぎてトラウマ(本人にそのつもりはない)(多分)。
しかも踊りながらね?!歌いながら踊るとかあるけどそこまで歌っちゃうのぉ〜ひいちゃんいろんな音よく聞いてるねぇいい子だねぇ……ってなる。死ぬほどモンペになる。しんどい。

他にも色々ありすぎたけどとりあえず総合して岩本照は成人男性という仮面の中に幼女みとかエロスとか優しさとか猟奇さとか各々対立するものをたくさん持っててしんどい。岩本照が渋滞している。しんどい。今年も安定にWITH LOVEの手話世界で1番心こもってた。しんどい。


お丸ちゃんと鼠の屋根のシーン嫌いな人って世の中いないと思うんだけれど、本当に毎回アドリブ効かせてて面白いしその中でも、キャラ上だけれどふっかがタッキーに「ちゃんとして」とか「集中して」って言える関係性めっちゃすごいと思わない?お互いの信頼関係半端じゃないなというかなんというか、、、とりあえず涙出る。とにかく涙腺ガバガバである。

1部が終わってからtwitterを開くともちろんステフォの第二弾が流れていたのだが、皆さん見ましたか?38番のステフォ。なべ郎が次郎吉に飛びついた瞬間のスーパーベリーかわいいパーフェクト被写体タッキーを逃さずシャッターを切った素晴らしい一枚。あれ可愛すぎて本当に買う予定なかったんだけれどもでもあれ一家に一枚って日本人の義務じゃなかったっけ?とか思って買った。義務を果たした。
あとひーちゃんが上手に講談をしてる写真も新しく出ていたのでそれも買った。これは本当に記念に。いやぁほんとにあの講談、誰か偉い人でそういう噺家関係の人とか見てないかなぁってくらい素人目からしたら素晴らしい語りだったと思うんだけれど?!どうなのかな!?ひーちゃんもいつもの声とは違う発声でよく頑張ったね、えらいね、千秋楽まで頑張ってね!である。スタオベである。

今年も全員がちゃんとツメ跡残しててやっぱり滝沢カンパニーは最高で最強だと実感した。当たり前だけど健くんは去年より楽しんでるのが伝わってきたし、なべ郎は想像以上の可愛さだったしだて様は安定にお囃子うますぎるしさっくんの金ちゃんも安定におバカなんだけれども、2部でハプニングが起きた時はちゃんと対応してたし、阿部ちゃんはなべがいなくても菊三をしっかり演じきってたし、林くんのこどもつかいは修学旅行生絶叫必至の怖さだし、室隆太はヤクザまがいの役が似合いすぎだし、石垣後藤2人並ぶと可愛すぎるし、前田くんはやっぱりいにしえが天才的だし基くんの黒子美人すぎるし、目黒くんは谷村さんの穴埋めなのかなんなのか分からんけど出来ることをしっかりやってたし根岸くんも存在感あったしチビっ子もみーんな可愛かった口上ちゃんと噛まずに言えてたし、、、。
帰りの夜行バスも興奮冷めやらぬすぎて全然寝れなかったからとりあえず歌舞伎のサントラ聞きながら目つぶったら秒で寝たよな、コンマ1秒もなかったよな(何の報告)。

滝沢歌舞伎を人生で一度は見る、ってのが義務教育の履修過程に入ってない日本かなりヤバイと思うんだけどその辺安倍さんはどうお考えなのだろう。ってレベルで滝沢歌舞伎はとにかく神い。とにかく見たことない人は騙されたと思ってDVDでもいいから見てくれお願いだっ!!
来年はどうなるんだろ〜〜ワク&ワク♫

あ、すのの新曲ブギウギめっちゃ良かった。どんな曲かは一ミリも覚えてないけど、振り付けがこれまでのすのにはない感じででもすのっぽくないとかでは決してなくて、これまでのすのはフォーメーションとかがワンパターンになりがちだったけどそれもぶち壊す感じの感じでやっぱ五関様は天才だなとしみじみ感じた。1列に並ぶところが潜在的に好きすぎるらしい私。少クラでやってね!大切にしてねあの曲!!

ジェシーくんに思うこと

世界には2種類の人間がいる。モンペになる人間とならない人間だ。
(書きたいことが山積みすぎてでも長らくブログ書いてなくて何から書けばいいのか分からなくなってとりあえずオリラジあっちゃんの切り口をパクるクソDD)
私は完全にモンペである。甘やかす時もあれば自分でも分からないくらい厳しい時もある。
このブログのバックナンバーを見ていただければお分かりだと思うが、私はジェシーくんを自担としている。
ただ、すとんずがそんなに好きではないというか何というかバカレア組の時から1人1人は普通に好きなんだけれどもどうも6人集まるとあれれれれとなる。多分それは彼らが悪いのではなくて私の求めるアイドル像と彼らが食い違っているだけの話ってことで自分を落ち着かせている。
私がジェシーくんを好きになったのは確か2013年頃なのでバカレア組はちょっと解体気味でほくじぇも解体気味で事務所的にジェシーくんをソロで動かすべきか否かを悩んでいた時期である。
そんな時に突如として半澤暁くん、増田良くんと3人で括られて歌うまトリオみたいな感じで歌を聞かせてくれてめっちゃ好き!!!この子たち一生応援する!!!ってなってそしたらガムシャラ夏祭りでチーム我(ジェシー、まっすー、半ちゃん、ひーくん、ふっか)になってもうなんだよ好きしかないやん〜ってなってその前にはもうハーフ会とかで括られるようになってあ〜〜涙出る〜〜ってなってでもハーフ会メンバーがどんどん(?)退所してクリエも結局正直そんなに人気なくて自然消滅みたいになったと思ったらすとんずが出来て、、、って流れで。でも2代目チーム我もすっごい良くて泣かせてくれたし少年たちも良かった。歌舞伎2016にも抜擢されたし正直まぁこのまま流れに身を任せようと思っていた。

ジェシーくんには大好きな歌を歌って欲しかったし堂本のつよっさんをリスペクトしたままでいてほしいからすとんずでも大我と一緒に歌を歌ってくれたらいいや〜〜くらいに思っていた。実際、この星のHIKARIはめっちゃ好き。でもこの曲ってすとんずである意味あるのかなって心の片隅で思ったり思わなかったり。
すとんずの方向性ってギラギラしててKAT-TUNとかデビュー間際のキスマイみたいな感じだよな多分。てかもうそのイメージがほとんどのヲタクの脳みそに染み付いてて本人たちもそれで了解しててでも私は了解していない。ジェシーくんには歌ってほしい。
少クラでもすとんずになってもしばらくはまっすーや大我、紫耀くんとかと歌ったりしてくれてこれこれ!!ってなってたけど最近はグループの括りばっかりで正直見所ねえなって思う節がある。飯島さんが辞めたからJr.を上手に統括する人がいなくなって仕方ないのかなぁとも思うけど。

すとのオリ曲、Amaging!!!ってJr.祭りらへんから特にめっちゃ評価されてるけどモンペの私としては全然評価できない。祭りの時もまぁもちろんジェシーくんを双眼鏡でロックオンするけれども歌はテクノポップ調で全く良さでてないしほとんど踊らないし何してんのって思った。多分どのグループも持ち時間は一緒だと思うけどすっごい長く感じた。他グループ担の人がこれを評価するのは多分他人事だからだよなぁって思う。すとに自担いないからグループ全体というかモニターを見て「カメラワークとかすごかった!」って感じだけど私からしたらモニターなんか見てねえしジェシーしか見てねえしせめて歌うか踊るかしろよカメラワークとか二の次だよってな感情。個性個性っていう割にはジェシーと大我に歌わせてない時点で2つも個性殺してますけど?って思う。
個性個性っていう割には2016のクリエのセトリKAT-TUNメインでおめえらコピーグループじゃないんだから、、、って思った。

4/7の少クラではこの星歌ってたけどジェシーくんめっちゃ歌下手になったよね???そんなに劇的に下手になるか?ってくらい下手だったね???増田良担のヲ友達からもジェシー歌下手すぎって連絡きたぜ?まっすー戻ってきたら顔向けできないぜ??

過去にしがみつくのは良くないとは思うけどもやっぱジェシーくんには歌ってほしい×100000000
あと思うに半ちゃんみたいなポンコツが側にいたからジェシー自身も自分がしっかりしなきゃって思いが強かったんじゃないかなって思う。今もジェシーはすとを引っ張ってるけどでも何かが違う。
グループになったからにはグループのことを第一に考えることが大切だけどもっと自分を大事にしてほしい。流されないでほしい。自分の個性をもう一回見つめ直してほしい。

ズドンもいいけど歌の練習しようね、、、

※該当担の皆様どうか怒らないでください。

2.8次元くらいにいる。

ひっさびっさの更新すぎて私がびっくりしている。えびからほんっとに何もなくて金も合わせて何もなさすぎて次の現場すら決まってない。ジャニーズオールスターズアイランドすら行く予定も金もない。やばたん。行きたい気持ちは少しあるが「まぁ、歌舞伎クリエ行くために我慢!」と思っている次第である。

では私がこの空白の期間をどのように過ごしているかというと、私も分からない。ただひとつ言えることはジャニーズに使っていたお金を自分のために使うようになった。ありがち。あとヲタ垢を見る回数より女子力を上げるためにmeryを見る回数が増えた。もう今は見れないけれど。meryはもう私のバイブルであった。毎日占いは必ず見るし、そこに書いてあるラッキーカラーとラッキーアイテムは手元にあれば必ず身につけて1日を過ごしていた。寧ろそれに依存しすぎてmeryがなくなってしまった今、毎日のコーディネートが決まらなくて困っている。私のようにネットを娯楽として楽しんでいた人からすれば今回の事件は大迷惑である。ネットを鵜呑みにするなって習わなかったの!?!?小学校とかで!!!(©金ちゃんby滝沢歌舞伎2016) ヘアアレンジも元々好きだったが、meryやドラマ校閲ガールを見てちゃんと日々ヘアアレンジをするようになった。これまでは巻いて下ろすか一つにくくるかの2択だったのだが、ネジネジにしてほぐしてみたりくるりんぱしてほぐしてみたり編み込んでみたりてっぺんのお団子にしてみたりと日々のレパートリーが増えた。
ジャニーズに使っていたお金はヘアゴムやピアスなどのアクセサリー代に使ったり、そういえば最近カラコンをつけ始めた。でもカラコン!!と分かるやつは嫌いなのでめちゃくちゃナチュラルでコスパのいいやつ。ナチュラルすぎてつけてなくてもそんなに変わらないレベルなのだが、こないだカラコンが切れてしまいノーマルのコンタクトをした時の自分の顔面偏差値に愕然とした。100%顔の調子が悪いのだがカラコンではないせいにし、秒速でカラコンを買った。
2016年買ってよかったものは
・ファースヌード(白)
ずっと欲しくて地元にあるショッピングモール的なとこの全店舗見て1番理想に近いやつ買った。どの服にでも合わせれるしめちゃくちゃあったかいけど気を抜くとリップがべっちょりついてしまうのがネック。でもお気に入りすぎる。
セザンヌのリップ(白のパッケージの方)
安いくせに全く落ちない!塗りたてはファースヌードに付くけれど食べたり飲んだり歯磨きしても一日中唇の色保ったまま!あと色もかわいい!素晴らしいコスパ
・ヒロインメイクの第3のマスカラ
私の目は二重になりかけの一重(横から見たらほぼ二重)なので一重の人は共感していただけるだろうがまつ毛をあげてもマスカラを塗った5秒後にはまつ毛が下がるのである。キャンメイクのマスカラ下地はめっちゃよかったのだが、落とすときにまつ毛をしごかないと落ちないのが玉に瑕であった。どっかにカールキープしてくれてしかもお湯で落ちるのないかなぁと探していたらこれ。神。雨の日でも下がらないし普通に洗顔したら落ちるしもう神。あとめっちゃまつ毛伸びる。神。まつ毛下がるよぉ〜って人は一回使ってみてほしい。1日カールキープである。
・GUのチェスターコート(グレー)
チェスターコート欲しくて欲しくてめっちゃいろんな店回ったけどどのブランドも高いくせに素材安くて「いや、防寒ならねーわこの野郎」ってブチ切れたあげくダメ元で行ったGUで発見、5000円なのに毛混のコート。しかも着ても安っぽくない。即買い。GUとバレたくないのでボタンだけ付け替えた(なにそのプライド)
・ファーピアス(グレー)
ゆらゆら揺れるタイプのやつ。基本300円でしかアクセサリーは買わないのだけれどいつも行くかわいい300円均一のお店には全くかわいいファーピアスがなくてやっぱ300円じゃ無理か、、、と諦めていたところ、地元の期待してなかった300円均一のお店に可愛いファーピアスが大量に…!!1番可愛くて目に付いたやつが見渡す限り白しかなかったので「グレーありますか!?」って店員さんに聞いてゲット。妥協しなくてよかった。宝物。
・オーバーオール
トイレ行きづらくなるから欲しかったけど避けてきたやつ。でも安くて可愛いのがあったから買ってしまった。ただオーバーオール着た日に限って頻繁に尿道が開くのが大問題。なんだろなこれ。気持ちの問題?

思いつくのはこれくらいかなぁ。私は気に入ったらしつこいので消耗品だとリピートするし、消耗品じゃないものは壊れたり寿命が来たりしたら必ずリピートするタイプの人間である。

冷静に考えてジャニーズの現場がないのであればお得意のお笑いに逃げてしまえばいいのだが、最近行きたいお笑いの現場もかなり少ないのである。あとそこまでのお金もない。
付け加えると、正直な話このまま喪女をやってていいのか、、、?という感情がある。いや、ヲタク人生めちゃくちゃ楽しかったし今でも少クラ見るの楽しいし早く歌舞伎見たいしクリエにも行きたいし自担みると心落ち着くし全然ヲタクなのだが、もう私自身20歳になってしまったことに気づいた(真顔)。そしてジャニーズを見る回数が減った分周りの3次元のオスに目を向けるようになった。これまでは自担と比較して「何で同じ人間でこんなにもクオリティが違うんだよ💢💢💢(地団駄)」とイライラしてしまうので見ないようにしていたのだが、それはそれ、これはこれと置き換えて考えてみるとそこまで悪くないことに気づき始めた。外見はともかく中身はみんな良い子たちばかりで「何だ、今まで偏見持ってごめんよ、心の広い女になるよ私も」といった具合である。
あとこれまではコミュニティが同志である姉と数人の友人(とヲ友達)に限られていたのだが、コミュニティを広げる努力もしている。ご飯に誘われたらなるべく行くし、比較的性別関係なく誰とでも喋るようになった。ただ、仲良くなるオスは全員なぜか彼女がいる。こないだも、地元が同じで大学から一緒になったオスにバイバーイと手を振ったら「ごめん、俺彼女できたから!」と言われた。はて?告白どころか異性として好きになってもないのにフラれたこの現象なに??と唖然となった。ちなみに私のスペオキ通称はじめましてくんも彼女がいたというオチ。おい、てめえ彼女いるくせにこのピュアな私をたぶらかしてんじゃねえよって家で1人ブチ切れたっけ…(遠い目)
はじめましてくんについてはコチラ。
どうしてもヲタクがはみ出てしまう話。 - 大好きな人がだいぶいる方のDDですみません。

いやぁ、それにしても何で彼氏途切れない子は途切れなくて全くできない私みたいなやつは一生できないんだろうね???何が違うんだろうね???やっぱ世の中顔!?確かに私の周りにいる可愛い子はみんな彼氏いるけれどもめちゃくちゃ可愛くなくても彼氏いる子だってゴロゴロいる。
最近1つ気づいたのは、私には「あざとさ」が足りないのだなぁとは分かったのだが、あとはもう分からない。カラコンしてファーのスヌードつけてそこに顔うずめればモテると思っていたのに全く効果がない。見え見えなのだろうか…? 難しいなぁ人生。
ジャニヲタも普段は隠して生きている。仲良い友達にもそこまで出さないので「そんなにヲタクじゃないやろ?」と疑われるレベルに隠している。
自分で言うのも何だが顔は決してブッサイクではないと思う。絶対美人でもないけれど。バイト先の常連のおじさんとかにはよく褒められる。お姉さん目のラインが綺麗だね〜〜!と言われたことだってある(唯一の自慢)
自分で言うのも何だが話しててつまらない女でもないと思う。自分で言うのも何だが友達から言われるほめことばランキングぶっちぎりの第1位が「おもしろいね」である。
料理はめちゃくちゃ苦手であるがそんなこと普段の学校生活でバレるまい。不潔感と清潔感で言えば清潔感が勝っている。私自身少しだけ潔癖なところがあるためつり革が触れなかったりエスカレーターなどの手すりが触れなかったりよその洋式トイレにお尻をつけられないフシがある。う〜〜ん。強いて言えば小煩いのかもしれない!!!でもそんなのも前面に押し出したことないしなぁ。分からない。声がでかいのかもしれない。あ!声があんまり可愛くないのかもしれない。これは一理あると思える。あと常に受け身であるのもあげられるな。

これまでジャニヲタしかしてこなかったから本当に分からない。ジャニヲタする極意なら分かるのに3次元で生きる術が全く身についていない。誰か教えておくれ。あとコンパにも行ったことがない。誘われたこともこれから行く予定もない。
そんなこんなで2016年が終わりそうだね。クリスマスも年末年始もバイトかなぁ。バレンタインまでに何かあると良いなぁ。ヲタク出戻ってたらおもろいなぁ。

A.B.C-Z DesperadoのPVの神さ

やっぱり神だった。Desperado。

こないだA.B.C-ZのSLT@大阪城ホールに行ってきた。めちゃくちゃ楽しかったと同時に、終わったあと「アリサマみたい!!!!!」となった。帰ってすぐにアリサマのディスクを差し込んで再生した。やっぱり神だった。SLTも楽しかったけどやっぱアリサマも楽しい。はぁ、A.B.C-Z最高。A.B.C-Zって21世紀1番のエンターテイナーじゃない??毎公演妥協なしの感じ?ファンの期待を超える感じ?ラブすぎる。
A.B.C-Zは元々大好きだけれど、最近(?)はジェシーくんとか照くんとかSnow ManにズブズブだったのであまりA.B.C-Zを振り返ることがなかった。アルバムも買ってない安定のクソDD。シングル的なやつも花言葉から買ってない安定のクソDD。でもコンサートは行く。コンサート行ったらA.B.C-Zへの愛情が再燃してきてとりあえず帰宅したらアリサマと少クラのA.B.C-Zを見直しことが日課になる。と同時にDesperadoのPVを見て自爆する持病が再発する。

みなさんDesperadoのPV見たことありますか????見ないと人生の3分の5損しますよ??なんかもう、Desperadoはジャニーズとかの枠超えててただただクソかっこよくてクソダンスが上手い5人組が集まった神みたいにかっこいいPVなんだけれども、何度見ても飽きないし見るたびに新たな発見がある。あんなにかっこいい曲であんなにかっこいい演出なのに5人とも楽しそうなのが伝わってきてああああもうA.B.C-Z!!!!!ってなる。昨日見て新たに見つけたのは、間奏で塚ちゃんが前宙したあとに映る五関様の可愛さ。あんなかっこいい曲の中でパッと映る瞬間がかわいいって何??意味わからん。あと前宙してすぐの塚ちゃんのかっこよさ。アイドルしてんだよこれが。塚ちゃん、、、普段バラエティじゃ絶対見れない塚ちゃん詰まってる、、、本当にかっこいい。

今もDesperado見たくてウズウズしている。PVがかっこよすぎてとっつーが長袖シャツを二の腕までまくってまるで半袖のシャツかのように見せてるの全く気にならない。半袖のシャツにしか見えない。あああもう早く見たい。家に帰りたい。Desperadoは残念ながらBlu-rayではなく普通のDVDディスクなんだけれども、冷静に考えてあのかっこよすぎる神みたいな映像をBlu-ray化してしまったら私の眼球及び脳みそが耐えられない。角膜網膜が割れる。テレビ画面より先に割れる。脳が縮む。困るよそんなの。Blu-rayでなくDVDで販売してくれたA.B.C-Z様、ポニーキャニオン様、誠にありがとうございます。おかげで今日も両目を使うことができています。脳も回っています。ありがとう幸せです。無事帰宅できたらDesperado見ます。考えただけで幸せです。ありがとうございます(宗教)

ってわけでDesperadoのためにTwinkle Twinkle A.B.C-Z買いましょう。

少年たち 危機一髪!?

行ってまいりましたよ、少年たち危機一髪。ね。全員情緒不安定すぎるというのは事前に風の子一等賞の噂、、あ、間違えた。風の噂で聞いていたのだが見てみると想像以上に情緒不安定すぎてこっちの心が狂いそうだった。
私の所感としては「去年の方がよかったなぁ〜」である。何となく。今年は去年よりも戦争色が濃くて脱獄シーンがばっさりカットになっていたのだけれども、何でだろうな。たぶん去年よりも設定に無理があるからかな、、、

ちなみにこちらが去年の感想です。
闇を突き抜けた2日間 - 大好きな人がだいぶいる方のDDですみません。

でもでも今年もやっぱりじぇひーのライバルは最&高であった。もう最&高。それしか言えない。あ、私はこれに8000円プラス手数料を支払ったんだな、と。これが私の血となり肉となりその他もろもろ重要な細胞となっているんだな、と。はぁ。よかった。今年は去年と違ってライバル歌って仲直り、じゃなかったのもよかった。去年はそこで「??????……まてまてまて」ってなってたからな〜〜懐かしいなぁ。それにしても今年は照が頑固一徹だったなぁ。仲直りまでどんだけ時間とるんだよ。それはそれで文句言うやつだよ。

ここまで書いて気づいたけどやっぱ演目?セトリ?順に追っていかないと頭の整理ができない、、、ってことで順を追って思い出そうと思う。以下ネタバレあり↓

1幕
▷オープニング(時の彼方)
あれ「時の彼方」って曲なんや、、、パンフも買ったはいいものの観劇するにあたって読んで予習するとか、幕間に読んで1幕の復習するとか無かったもんだから今自宅で新鮮な気持ちでセトリを追っている。ん??サブタイトル的なかんじでNight In New Yorkって書いてあるけどこれはNYが舞台の作品なのかな??そこは関係ないな?たぶん。(おい)

▷刑務所の少年たち(俺達は上等)
すきすきこれ好き!ジェシーが「喧嘩じゃないよ、トレーニングだ!」って英語で言ってるけどお前そんなキャラじゃないよな?って突っ込むし、翔太くんが「捕まったのはちょいと癪だけど」的なこと言ってるけどお前人殺したよな?反省してないな?って突っ込むよね。うんうん。

▷それぞれの事情(僕に聞くのかい?〜嗚呼思春期〜HEART BREAK CLUB)
僕に聞くのかい?かなぁ、ジェシーがストメンバーに「Let's sing」ってサラッと言うんだけどもうかっこさの極み。私がストメンバーならかっこよすぎて「うっ……」ってなって歌い始めを逃すパターンなんだけどよくみんな歌えてた。
嗚呼思春期はSnow Man一人一人の事情とか背景とかの発表会。ひーくんはずっとブチ切れてたなぁ。「おめえらには関係ねえ!!!」の声量よ…震える…… もし自分の息子の反抗期あんな感じだったらまじで髪の毛抜けるわストレスで。
あとやっぱひーくんのドラムは最高だな。ブチ切れてるくせに叩くときは優しいんだよなぁ。岩本照が出てしまうんだよなぁ。
HBCでもずっとキレたまんまなんだけども「かますSnow Man」ってラップのとこだけ笑顔になっちゃって岩本照がチラついてるんだよ。あとあと「寂しさに乱れて 切なさに酔いしれて」のとこな。ひーくんの歌声=可愛い。

▷回想(Rival)
あざーーーす!! もうあざすでしかない。今年もよく歌えてたよ2人とも。
20日の公演では大我が「よっこい小説家加藤シゲアキ」で、照が「よっこい小学一年生。友達できるかな。」であった。もう照が階段上がってる時から会場はクスクスである。その後ジェシーが来て「岩本、友達できた?」と聞くと照が「友達はお前だろ。」って、、、ゲロ萌え。俺得。何それkawaiiiiiiiー!!!!その後仲違いして照が「友達友達って馬鹿の一つ覚えみてーに!」ってジェシーにキレるからヲイヲイお前言ってたよ!って突っ込むしか無かった。21日の公演では大我が「よっこい消防車」で照がそれに乗っかって「よっこい消火器」であった。
まぁそんなことは置いといて回想シーンで1番好きなのが、照がジェシーにロザリオを渡してジェシーが「俺のためにわざわざ、、、」って言ったら「お前のためにじゃない、俺とお前の夢のためだ。」って照が言うとこな!!!くううううう!!!青臭くて好きいいいい!!!!
その後世界一些細なことで照はブチ切れるんだけども人間関係ってそんなもんだよなぁって思った。こう、思い込んでしまったら相手の話なんて耳傾かないよなぁ。特に裏切られたって思っちゃった場合。って後半は道徳の授業みたいなシーンである。

▷対立と和解(この星のHIKARI〜闇を突き抜けて〜お風呂シーン)
この星への入り方が雑だけど許す。可愛い可愛い京ジェシ劇場だからな!!
闇突きはやっぱ好きだなぁ。ジェシーの体好きだなぁ() 分厚くていい体してんだこれが。ひーくんの体はせっせと鍛えたんだなぁってのがひしひしと伝わってきて微笑ましかった。あと岩ザップ組の体!樹は貧相なイメージしか無かったけどちゃんと胸筋ついてた!あとは細かったけど、、、慎太郎もいいマッチョに近づいてきてる!めちゃくちゃ筋肉質!
体つき関係なしに1つ注文をつけるなら、ストの「YES!」がちょっとバラついてたなぁ、ってのが20日公演で気になった。21日はそんなこと無かったけど。大事なとこだから気を引き締めよう!
お風呂シーンよかったぁ。岩本隊長の最初の方がツボ。みんなの着替え待つときな。ドヤりすぎ。可愛い。あと隠し事暴露の振る間とか振る相手とかめっちゃ上手くてやっぱひーくんって笑いのセンス長けてるって改めて気づいたと同時にもうちょっとだけそれを出していこ!って思った。その後の桶ダンス終わってからのアドリブシーンも良かった。毎回変えてて偉いなぁって。よっこいしょのアドリブは「しょ」から始まればいいけど桶ダンスの後はちゃんと話の流れも気にした上でアドリブしないとだから本当センス出るよな。センスいいよな。

▷少年たちの夢(僕に聞くのかい?)
ここで少年たちが出所したらどーするー?みたいな感じで盛り上がる。あべなべさく3人が出てきたときのイケボ感が果てしないから注目。

ジェシーの徴兵(君にこの歌を〜行進)
冒頭にも書いたように今回は脱獄ではなく素直に出所である。少年たちの中でジェシーが1番の出所なのだが、看守に「ジェシーが1番の出所だ」って言われたときのジェシーの笑顔よ!何というか純粋無垢な感じ?だからこそその直後の徴兵令が辛くて仕方ない。 刑務所にいた子を軍に入れないだろ、もっと優秀な子を使うだろ、みたいに思ってる人もいるが 私の見解としてその徴兵は人数稼ぎなんじゃないかな、と。とりあえず前科者でも誰でもいいから若い子の人手が足りなかったんだな、と。やっぱ戦争となると戦力外でも人数は多いほうがいいみたいな傾向があるからたぶんそれだな、と。はぁ〜辛い。
行進、めっちゃよかった。揃ってたし。銃を投げてキャッチするところはこっちも緊張した。手汗かいた。
ここで1幕は終わり。

2幕からが重いんだよ、、、
▷夢(Pray)〜出会い〜SHOW(君の瞳に恋してる〜HiHi JET)
ここはただただジェシーの歌に酔いしれる時間。そしてやっとマリウスの登場。2015年クリエB。
マリウスとジェシーが最初は英語で会話するのだが、マリウスの英語がドイツ訛り入ってるのか全然聞き取れない、、、ジェシーのは聞き取れるのに、、、たぶん話に差し支えのないような会話なんだろうけど聞き取りたかった。
ハイハイが突然出てきたときは「始まったよ、カオス、、、」ってなったけどやっぱこの曲好きなんだよなぁ。ジャニヲタだなぁ。ハイハイが歌ったあと、初代ジャニーズの「Hi Hi Hi」って曲が流れてその紹介もあるんだけれども いやそのときからHi好きなんかい!何やこの時間!ヒロムの趣味の時間やん!と突っ込んだ。

▷オーディション〜逃走〜BAR
それからあべなべさく劇場の始まりである。もうあべなべが情緒不安定すぎてどーしたどーした!?ってなってしまうシーン。あべなべかっこいいから許されるけどそれ一般人だったら冷ややかな目向けられるぜ?って感じ。
特に阿部ちゃんは「あのときの約束が忘れられないんだ!アニメのアイドルが踊りながらニュースを読む番組を作るって約束」(少年たちの夢のところであべなべさくが話していた。)
って言った割にはその直後には「戦場にいるジェシーの姿をみんなに伝えたい」的なこと言い出すもんだから お?どした?頭がキレすぎた時間始まったか…?となった。
ジャニーズの舞台を分かろうとする方がバカなのは百も承知なんだけれどもやっぱり理解したいって気持ちは本能的に働くもんで、でもそしたらこっちが混乱して次のストーリーが頭に入ってこないって負のループに陥る。
だて様と慎太郎はダンスで世界を回る。
ふっかと北斗の仲良し兄弟は何もしてないのに疑われて捕まってしまい、刑務所に入るか戦場に行くかで戦場に行くことを選んだ(ジェシーのために)。ここも冷静に考えて無罪主張すればええやんって思ったけどそれじゃあ話が進まないので良しとしよう。
樹と高地は夢だったBARを開く。このシーンで2人は漫才というかコントというかひと笑いとっていくのだが、樹はセンスがあるなぁって思った。ご存知の方は少ないと思うが私は生粋のお笑い好きでお笑いの劇場に割と通いつめている。樹ならちょっとNSCに通えばもっと腕は上がると思う。エンジンがかかるのが少し遅いな、ってのが気になっただけで他はツッコミの間とかもいいし何なら本業芸人でももっと下手くそな人なんてごまんといる。
高地はちょっと力技なところがあって間ももう少しおけば良いのに、、、と思うところが多々あった。でもまぁ本業はアイドルだしあれだけできれば十分だろう!(おまだれ)

▷再会(裸の少年)〜戦場との中継(君にこの歌を〜あいつのぶんも生きる)〜エピローグ(君にこの歌を)
ここからが重すぎるのでできるだけ割愛。
重くならないようになるべく明るく、、、ジェシマリは戦場にいるからサっ!迷彩の服着てんだけどサっ!私的には去年の上半身白タンク×下半身迷彩ズボンの方が好きだナっ!ジェシーくんの肩の分厚さが好きだからサっ!!
、、、このテンション逆に寂しい。。。
マリウスは戦争肯定派ってわけじゃないけど相手を撃たないとこっちがやられる、って精神で、ジェシーはでも相手は自分たちより少年だよ、撃つのやめようよ!精神であった。そんなやり取りを2人で交わすのだが、またしてもマリウス何言ってるかわからん!日本語だけど!聞き取れない!それと反対でジェシーくん、君、、、実は歌舞伎でめっちゃ鍛えられただろ、、、声が、、声がよく出てる、、、泣ける😭😭😭😭😭
あと中継無理あるだろ〜ってなった。戦場カメラマンじゃないんだし〜〜。でもアメリカかどっかで実際あったっぽいからできないことではないのかな…?でもジェシー1人にインタビューじゃないけど1人のために中継つなぐの無理あるだろってなった。いやでもこれはファンタジーだからな!!気にしない気にしない!
20日初めて見たのだが、ジェシーが死ぬシーンはこっちが死ぬかと思うくらいびっくりした。ボーッとしてる時に不意に流れてくる「J storm」くらい。ビクッッてなった。周りもなってた。だからこそ次の日はジェシーが死んでしまうところ目に焼き付けよう!もう死ぬところは掴んだからな!よし!いつでもこい!!ってな気持ちで双眼鏡を構えていたのだが、やっぱりビクッッッッてなって双眼鏡が目に刺さった。痛ぇなコノヤロー💢!って一瞬だけブチ切れたけど何もなかったかのようにジェシーだけを見た。
あとこれ去年と被るけど、ジェシーが死んでみんな号泣なんだけれどもひーくんだけ泣いてないんだよな、、、たぶん親友だから泣くとかそんな概念じゃないんだよな、、、ひーくんはそういうところも演じ分けられる演技派なんだよな、、、ただ21日公演はひーくんその後の「戦争がないのが当たり前だと思ってるのはこの国の人たちだけだ!」の所でめっちゃ泣いてた。号泣。たぶん感情移入しすぎて泣いたやつ。こんなこと言うのは不謹慎だけど可愛い。可愛いが過ぎる。

そんなこんなでSHOW TIME!!!
すのすとでジグザグビークレコラボ!よかった!頭おかしくなりかけたけど、すのがバンバン撃つ振りしたりすとがZポーズしたりが良かった。あと全員一列出のヘドバン的なやつ!肩組んで!ジェシーとひーくんが肩組んでた、、、何この世界、、、ほどける時絶対2人で笑い合うの。何。平和最高。

そしてウェルパラ。マリウスの後ろのSnow Man可愛すぎ、、、ステッキ、、、愛想曲やん。ステッキを最後の方で袖に投げるのだけれどもそのときのひーくん絶対刀投げ意識してんだよな 笑 そしてその後すぐだて様と絡むんだけれどもやっぱ刀投げやーーーーん!ってなった。好き。

そしてスト新曲 IN THE STORM
ステフォ見たとき衣装ダッセェ!って思ったわけ!でもいざこの目で動いてるの見てみるとダセェけど、ダセェけどありかなしかで言えばあり。曲はビークレみたいな感じ。ジェシーしか見てない。かっこよかったなぁぁぁ(遠い目)

すの新曲 Acrobatic
可愛いなぁ。くそ爽やか似合う。こんな爽やかな曲でデビューしてほしいなぁぁぁぁってずーーーっと思ってる。爽やかが似合うお年頃になってきた。爽やかなのにアクロバットできること全部詰め込んで神でしたとさ。早く少クラでやろうね!!

全員でうぃるびー
最後までアイドルしてたのはそう、岩本照。
岩本照ってたぶん誰よりも生粋のアイドルなんだよなぁ。

総評してライバルはもう1回見たいけど後はもう重いからいいかなぁ、、、ってくらい重い内容でした。戦争から目を逸らしがちな現代っ子でごめん。DVD出たら買うけどな。絶対。でもそれもほぼライバルのため。
あと何が危機一髪か問題。
A.うーん、たぶんあべなべさくが戦場行って死と隣り合わせだったけど生きてたことかな。

よし、パンフしっかり読も〜っと。

どうしてもヲタクがはみ出てしまう話。

いやぁ、久々に3次元にキュンキュンして胸を躍らせてる自分に胸を躍らせてるかと思いきやどうしてもヲタク心がはみ出てしまう。モンペ気質がはみ出てしまう。
というより小中高大学とずーっと共学にもかかわらずひっさびさのキュンキュンで焦っている。ヲタク人生死ぬほど楽しかったけどこのピュアな気持ちを忘れたくなさすぎてレポみたいにレポしたい。だってもう明後日には少年たちが迫っているからそれ終わってからじゃこのピュアな気持ち完全にしぼんでるし記憶もなくなっているに違いない。
ということで聞いてください、ヲタクはみ出話。


この間1週間のインターンに行ってきた。個人で行くやつじゃなくて学校単位のやつに。一応経営学部ということもあって、インターンシップが必修科目なのだが 何をするかというと普通の就業体験とは違い、複数人で各事業所に行きその事業所の問題点を見つけ出し改善策を提案する、といういかにも講義っぽい感じのパターンのやつである。詳細を伝えるとあまりにも長すぎるし学校がばれてしまうのが怖いので省くが、私の事業所は廃れた商業施設であった。メンバーは全員同回生で男3人と女5人の計8人でそこへ向かった。
初日はその事業所の説明を聞いてとりあえず動きやすいように4人ずつの班に分かれよーぜとなった。グーとパーで。私の班は男女比2:2となった。次の日はお店の方やお客さんに聞き込み調査をするということでそこからまた2人ペアに分かれることになった。私の隣には女の子が座っていたので普通に男女別のペアになるのかと思いきや引率っぽい先生が「なんか合コンみたいやなぁ。じゃ、前の人とペア組もうか。」とサラッと言った。

・・・・いやノリ軽っ!必修科目のノリちゃうやんっ!!

まぁもうここでお気付きの方も多いと思うが、そのペアの男の子こそ今回の準主役である。主役はもちろんこの私。
それまでその子の名前は知っていたが顔と名前が一致していなかった。第一印象としては「顔はまぁまぁやのに背低いなぁ、、、。え…?よく見たら顔でかくない!?」であった。
その時の私に対して今の私は「くそ失礼最低野郎自分の顔見てから言えよまじきめえ。」である。もちろんその子の名前と顔が一致してなかったので性格も知らなかった。想像としては「まぁ顔がそれなりに良いからチヤホヤされてイキった感じなんやろうな」であった。
その時の私に対して今の私は「人を見た目で判断するな!バカタレが!!」である。

お互いほぼ初めまして状態だったのでその子の仮名を「はじめましてくん」(©ガムシャラ)にしておこう。はじめましてくんのお顔と声、誰がに似てる気がするんだけれども誰かがわからん。本人に聞いてみたら「中川家のお兄ちゃん(剛)に似てるってめっちゃ言われる」って言ってたけども違う。と思う。他の女の子たちは大倉士門に似てるって言ってたけどもそれも違うけど、わかりやすく言えばジャニーズ顏ではなくジュノン顔である。瀬戸康史くんみたいな子犬系の顔である。

2日目からはじめましてくんと行動を共にする生活が始まった。
聞き込み調査ももちろん2人で行った。私は字を書くのが早いのが取り柄尚且つ人見知りなのでメモ係に就任した。現場のレポはノーメモ派だがレポする勢いでメモした。
聞き込みをしてみてはじめましてくんめっちゃしっかりしてるなぁと気づいた。聞き込みの合間に世間話をチョロッとしたのだが、はじめましてくんは某大型靴チェーン店でバイトをしているらしく、お客さんに話しかけるのはそんなに苦ではないと言っていた。なるほど。言われてみれば確かにアパレル系の喋り方であった。
ただ、はじめましてくんと会って2日目ということもあり本当に気を遣った。多分向こうも気を遣っていたと思う。同じ班のもう一組のペアが諸事情により個々で聞き込みをしていたのである。「私チョロチョロ金魚の糞みたいにはじめましてくんについて行ってメモしてるだけなんやけどいいんかな。ここでひとりひとりになった方がいいんかな。てか私もお客さんに話しかけた方がいいよな。え、どーする?アイフル?」状態であった。
全然話は変わるが、はじめましてくんは地方から出てきて下宿をしているのだが、ふとした時に方言が出てそれは可愛かった。
そんなこんなで結局最後まではじめましてくんと聞き込みをした。

3日目あたりではもう完全にはじめましてくんへの印象が変わっていた。正直私が行った事業所は状況が厳しすぎてうつ病になりそうな日々であったのだが、はじめましてくんの顔を見て癒されていた。目の保養である。もうその時には「顔がでかいんじゃない。骨太なんだよね、はじめましてくんは。」と完全にモンペになっていた。あと聞き込み以外にもデータを整理したり話し合ったりする事務作業的なのもしていたのだが、はじめましてくんのマイペースっぷりといったらなかった。人に害を与えない方のマイペースだから全然良いしむしろそのままのはじめましてくんでいてね☺️とモンペむき出しであった。はじめましてくんは一応表向きは話を聞いている風なのだがたぶんあんまり聞いていない。スイッチが常にオフ状態でふとした拍子にスイッチが入る。そしてすぐスイッチが切れる。といった感じであった。迷惑をかけるとかじゃないパターンのやつ。ただ静かにスイッチが入って静かにスイッチが切れるやつ。顔がいいから計算とかしちゃってんのかなって思ってたけどどうやらそんな計算能力はないようだ。

そういえば2日目の終わりに3日目の計画を4人で立てている時、3日目は2つのお店に聞き込みをすることになった。その2つを仮にA店B店としよう。どっちがどっちいく?という話になった時、たぶん私は諸事情によりB店は怖いからA店にしよう、とはじめましてくんに提案していた。ところが3日目の朝、全員が「どっちがどっちやったっけ?」となり、私も前日の自分のA店に行きたいと言った記憶が曖昧になっていたので「いやまじでどっちやったっけ………?」となっていた。たぶん4人の中で誰よりも前日に熱弁してA店にしよう!と豪語したのに誰よりも記憶が曖昧であった。病気。そして私は「B店にしよって言わんかったっけ?」と病気みたいな質問をはじめましてくんに投げかけた。するとはじめましてくんは「昨日こうこうこうやからA店にしよって言っとったで?」と優しく諭してくれた。「そうやったっけ!?全然忘れたわ!」と病気みたいに返したら「言ってた言ってた😄」とまた優しく諭してくれた。マイペースなのに私のくだらねえ話聞いてくれてたんだねっっ、、、もう私は完全にはじめましてくん担である。何となく誘われて握手会に行ったらめちゃくちゃ優しく喋りかけてくれて全然イメージと違って落ちるパターンのやつである。

4日目と最終日の5日目は完全に事務所での作業であったのだが、作業中に紙を渡す時に手がちょっと触れただけでキュン!!ってなった。はじめましてくんにこんなにも惑わされる1週間になるなんて誰が想像した??
作業中にはじめましてくんに「ハサミ取って」と言われもちろん私は刃の部分を持って渡すという常識的な渡し方をした。そう渡されたら普通みんなどーやって受け取る?私ならハサミの持ち手をもって受け取るんだけれども!間違ってる!?これって間違ってるのかな!はじめましてくんはね!わざわざ刃の方を持ったんだよ!?これって計算!??!おかげでまた手と手が触れ合ってしまって「これって計算……?」ってことが頭をグルグル回って作業どころじゃなかったよ??!はじめましてくんまじで掴めない。


もう1番のキュンキュンポイントは最終日の最後である。8人で事務所に集まって感想をひとりひとり言い合った。その時、私とはじめましてくんは席が真正面の向き合う形であった。ゼロズレってやつ。
3人目くらいの子が感想を言っている時に事件は起こった。真正面にいるはじめましてくんと本当にたまたま目があったのだが、その瞬間はじめましてくんが(ニコっ😊)と笑いかけてくれたのである。もう反射的に何も考えず私も(ニコ☺️)と微笑み返したのだがよくよく考えたら何これファンサ??その時のはじめましてくんは最高に可愛かった。私はまるでファンサをもらったヲタクなので、ちゃんと微笑み返せたかな(>_<) ファンサ後の反応キモくなかったかな(>_<)とばかり考えていた。

兎にも角にもインターンシップは当初5日間うつ病になって死ぬんじゃないかと思ったが、はじめましてくんの存在のおかげで無事生きている。何ならはじめましてくんロスである。

基本的に私はLINEの友達を追加しない、もしくは追加してもLINEで話さない人たちは非表示にしているので表向きの友達の数は20人ちょっとであるのだが、久々に友達追加の欄をみたらはじめましてくんがいた。たぶん私を追加したのだと思われ。ちょっと追加するか悩んだが、結局追加した。非表示にもしていない。今はTwitterをフォローするかどうか悩んでいる。はじめましてくんのツイートは見たいけど私のは見られたくない、という気持ちが混在している。勝手にしろ。

ちなみにインターンシップ4日目で判明したのがはじめましてくんの美的センスがありすぎることである。太いマッキーで上手に色塗りするのだ。可愛い。絵に対するこだわりがすごい。スイッチが急に入る。
最終的に自分でも絵の才能を認めていた。可愛い。何しても可愛い。4日目ははじめましてくんともう1人の男の子が寝坊による遅刻をしたのだが、私はモンペなのではじめましてくん寝坊したんだね(>_<)寝癖ついてる(>_<)寝癖気にしてるのも可愛い(>_<)(>_<) もう1人の遅刻した男の子よりもはじめましてくんの方が10分くらい遅れてたけどそれでもいいの(>_<)(>_<) しばらくしてから前日の晩に先輩と飲んでたって言ってたからそのせいで寝坊したんだよね(>_<)(>_<)(>_<)許す(>_<)
ってな具合でモンペ炸裂なわけだ。このインターン2月まで続くわけだ。2月まで現場あるみたいな気分。楽しい。ヲタク最高。

この気持ちを引きずったまま、少年たち行ってきます。

滝沢歌舞伎最高すぎて思いが溢れてる件。

みなさん、買いましたか。見ましたか。滝沢歌舞伎。ロス吹っ飛ぶけどある意味ロスります。手に入れてない方、買うべきです。特に自担が出演している方。買うべきです。

何かもう全員尊い。今この時代に生を受けてくれてありがとう。Blu-rayじゃないからそんなに期待してなかったけどやっぱそんなこと全く関係無いくらい歌舞伎カンパニーは神。演目ひとつひとつも神だしカメラワークも割といいしメイキングも2時間たっぷりで神。メイキングの最後の方は千秋楽のお化粧から口上がガッツリで神。

全部が全部神だったけど、メイキングで1番神だったのはやっぱり深澤辰哉くんの千秋楽の口上。滝沢くんに手紙を書いてきました、と読み始めるのだが「滝沢くんへ」の次の行からもうこっちは号泣。ふっかは頑張って読まなきゃ!って感じで涙こらえてるけどほんっとに良い子に育ったなぁ、、、って。タッキーが1番目をかけてるグループはたぶんSnow Manだし、その中でも1番目をかけて1番長い時間一緒にいるふっかが書いた手紙だからこそ愛が深くてでもその分タッキーはふっかに愛を注いだんだなってのが伝わってきてなんかもうもう思い出しただけでも泣ける。千秋楽を観劇した方、無事お家たどり着けましたか?たぶん私が千秋楽入ってたら足ガクガクで帰れてないと思う。
私はふっかが三郎をうまく演じれなかったことは話でしか知らないから詳細はわからないけど、ふっかがタッキーに感謝するときは絶対その話が出る。他のメンバーもたぶんその年の歌舞伎で大きく変わったんじゃ無いかなって勝手に思ってる節がある。
Aスタジオでタッキーがふっかの話ずーっとしててタッキーのお話聞きながらふっかがお丸ちゃんの役をもらえたこと、タッキーがお前のために作った役だからって言ったこととか全部踏まえたら泣けた。その時すでに泣いてた。
そのタッキーの想いとか知った上で口上聞いたら死ぬ。たぶんここまでSnow Manを大きく育てるのって想像できないくらい苦労しただろうけど今こんなに大きくなっちゃってまだまだだけど恩返し少しずつしてるのとか考えたらほんっと良かったなって、、、なんかもうタッキーもSnow Man好きすぎて文章まとまらねえ。

何せふっかが「Snow Manのためなら何でもやります」って言ったとこでもう涙腺壊れた。表では1番おちゃらけていじられて全然最年長感ないけど1番Snow Manのこと考えてくれてるのはふっかって分かってる分この言葉の重みな。たぶん本当に何でもやると思う。何でもやらなきゃだめだしね。Snow Manが早く評価される世の中になりますように。ここまで来るとあの子たちに何が足りないのかがわからん。盲目なんかな。1回客観的に見たい。

で、ふっかの千秋楽の口上みてからメイキングでお丸ちゃんが「滝沢くんと毎日いるからだんだんアドリブにも返せるようになってきた」ってお話ししてるの見るともう愛しかない。

その後の照の口上な。恩返ししますな。やっぱかっこいい。知ってたけども。かっこよさがcan't stopなの知ってたけども。でもやっぱ改めてかっこいい。

はぁぁぁ、いや、本当はもう一分一秒尊くて最高でもっと書きたいことはあったわけ。例えば腹筋太鼓の稽古シーンでじぇひー2人が5秒くらい抜かれてテレビの画面じぇひーが苦しんでる姿しかなくて悶えたこととか、ジェシーの稽古の服がかっこよすぎることとか、タッキーの誕生日パーティーでじぇひーが隣にいることとか、祭りの稽古でジェシーくん扇子上手く開けなくて慌ててて可愛すぎることとか、お丸ちゃんがメイキングカメラにお話ししてる時の後ろのひーたんとだて様が可愛すぎることとか、お丸ちゃんが自分のコンパクトを途中からだけど自分でデコレーションしてることとか、タッキーからの差し入れのラーメンにご飯入れたがる照とか、本編の私の大好きないにしえで前田くんが一瞬抜かれてやっぱキラキラしてたこととか、mouse kidやっぱ最高なこととかmouse kid始まる直前の九郎次の顔とか、メイキングでなべふかが健くんにいじられてる後ろでジェシ増がお話ししてて可愛いところとか例えばだけでこんなに出てくるくらいもう書ききれないくらい愛しさがいっぱい詰まったDVDなわけさ!だから買うべきなわけさ!プライスレスなわけさ!買った瞬間家宝なわけさ!!!(雑)

ってわけで滝沢歌舞伎2016DVDは神々しい。それが伝えたかったんです。