大好きな人がだいぶいる方のDDですみません。

クソDDが独断と偏見のみで好きなものを好きなだけ綴り時には備忘録的なこともしてしまう自己満ブログ

ジャニーズとお笑いを照らし合わせるの巻

私はジャニーズが好きだ。そしてその上お笑いも好きだ。どちらも物心ついたときには好きだったし、どちらも冷めたり熱したりを繰り返しているので歴としては同じぐらいと言える。
最近は、ジャニーズの場合 ジャニーズJr.を中心に応援しているが、お笑いの方も若手を中心に応援している。ということを友達に報告したら
「何でそんなに卵ばっかり好きになるん?」と言われた。素朴な疑問ありがとう。私も疑問だよ。ただ、何と言うか見守っていきたいという感情が人一倍強いのかもしれない。

若手のお笑い芸人を応援していると ヲタクの癖なのか、何事もジャニーズとリンクして考えてしまう。
手始めにわかりやすく説明すると、私が今応援している若手芸人≒ジャニーズJr.である。一般的な知名度はそんなにないが、好きな人は好き。という感じである。みんな大好きNON STYLEはみんな大好き嵐と同じものだと考えている。何となく分かったであろうか (何が

ジャニヲタあるあるかもしれないが、そこまでジャニーズ詳しくないでしょって人が「私ジャニーズ好き!嵐が好き!」と言っていると こっちサイドからしたら 『あーね』となる。逆に嵐しか知らねーだろ、それならジャニーズ好きって前置きはいらないよ。ってめっちゃ性格悪い人になってしまう。それと同じで、普通レベルにお笑い好きな人が「NON STYLE好き」と言っていると 私としては『あーね』となる。もちろん私も嵐もNON STYLEも大好きだが、それは全国民が好きだからいちいち報告しないでいいよ、となる。めちゃくちゃ追っかけてるとかでない限り、そこまで深い話はできそうにないな となってしまう。何となくお分かり頂けたであろうか (何が

若手芸人とジャニーズJr.はすごく似ている。どちらもやはりファンを獲得しなければならないし、売れなければ干されたり解散したり退所したり……。私が若手芸人に凝りだしたのはここ1.2年の話であるが、何組も解散したコンビを見た。今日もどこかの誰かが報告はしていないが解散しているのだろう。ジャニーズJr.も同様で、まだ知名度が全然ない子達がどんどん辞めていっているに違いない。Jr.に関しては、年間何百人もの新しい子が入ってきて 残るのは約20人、という話を聞いた。どちらも厳しい世界である。
また、若手芸人はテレビにそこまで出ない代わりに毎日のように舞台に立って公演をしている。バトルするものもあればイベントもあり、少々人気が出れば単独公演だってする。Jr.もテレビにはそこまで出ないが、どこかで誰かは必ず仕事をしている。

Jr.を応援している人は毎日頭を抱えていることがある。それは「デビュー」である。本人たち以上に悩んでいる人もいるのではないだろうか。Jr.氷河期ではないが、黄金期でもない。事務所はいつからか託児所と化し、実力があるのに日の目を見れない子達がどんどん溜まっている状態である。ジャニーズWESTがデビューして2年ほど経ってしまった。やはり、1年に1組程度 定期的にデビュー発表をしていかなければ勿体無いのではないかと思ってしまう。
それと同じで今、お笑いの方も若干の氷河期である。1番最近の全盛期はやはり「はねるのトビラ」や「レッドカーペット」や「THE THREE THEATER」などの時代ではないだろうか。M-1が終わってしまってからは本当にテレビでお笑いを見なくなった。M-1は再開したものの、何だか盛り上がりに欠けていた気がする。R-1も同様だが。というより、いろいろな賞レースを見ていると 国民がお笑い離れしている間に笑いのツボの流行が変わってしまったのかな、とも思う。かつては若手の芸人が毎週のようにバラエティをやっていたのに多くて年に2回大きなお笑いの番組がある、という程度になってしまった。それはつまりどういうことか。Jr.と同じで、実力のある芸人たちが詰まっているのである。
私はお笑いの中でも漫才が好きなのだが、漫才の番組も深夜にたまーに放送している程度である。もったいない。

ちなみに今私が1番推している若手の芸人はマルセイユである。まだ結成して今年で3年目だが実力は確かである。Jr.で表せばどのくらいだほうな〜〜と考えてみるがなかなか難しい。たぶん知名度はprinceくらいだと思う。Jr.をかじっている人はたぶんprinceのことは知っているだろうし、それと同じで若手の芸人をかじっている人はマルセイユのことは知っていると思う。割と推されている方なんじゃないかな、、、どうなんだろうか。単独公演もこれまでに一応5.6回やっている。しかしながらYouTubeに全然ネタが投稿されていないのである。残念すぎる。ただそれでも気になる方はこちらをぜひ見てください。
私がマルセイユにハマったネタです。http://youtu.be/jO0iHp6Dn3o
続いて腹がよじれたネタです。http://youtu.be/pnuUTfJ2Tg0
続いてジャニーズも絡めてくれているネタです。http://youtu.be/Iqh2gH-DYag

どうですか?全て見た方、別府さんのギャグは覚えましたか??
マルセイユは別府さんの方が年上なのに津田さんの方が芸歴が長いため、今でも別府さんは津田さんに敬語で話す、というエピが割と好きです。ちょっとその辺のしきたりがジャニーズっぽい。

若手のお笑い芸人の良さはやはり 人気がまだそこまでないために対応が丁寧なところである。Twitterのフォロワー数もかなり少ない。正直、ヲタクしながら面白いこと呟いている人の方が断然フォロワー数が多い。なので、リプを送れば大抵返事をしてくれる。SNSで絡めるという点でJr.より距離は近く感じる。また、公演のチケットを手売りしたり チケットを取っておいてくれたりと直接絡む機会もかなりある。
お笑いがすごく好きでお笑い用のTwitterのアカウントを持っている人って絶対いるよな〜〜、と思いTwitterサーフィンをしてみたらいた。「#笑クラさんと繋がりたい」で検索してほしい。きっとまずはじめに抱く感情は『いや、ジャニヲタと変わらなくね?!』であると思う。しっかり ふわふわの画像を作っているのである。特に、芸人の中でも男前な人はいるが 男前な人のファンほどジャニヲタに限りなく近い。ジャニヲタと少し違うのは掛け持ちは当たり前で、分かりやすく例えれば「神担」「副担」のように分かれている点である。でもそれ以外はほぼ一緒で何ならタグ垢も存在している。

ただやっぱり私自身のジャニーズとお笑いを応援するスタンスは全然違うな、と気づいた。
ジャニーズの方の自担に関しては、新規でもにわかでもいいからとりあえずファンが増えれば嬉しいし、同担の方も全然ウェルカムなタイプである。
お笑いに関しては人気が出て欲しい、日の目を浴びて欲しいという気持ちはめちゃくちゃあるのだが、簡単に例えれば同担拒否的な感情がある。ナニコレ。複雑。

とりあえず5月、クリエはもう手の届かない存在なのでお笑いのライブに頻繁に行こうと思います (勝手にしな